多種多様なカスタムペイント、FRPワーク(エアロ製作・加工・修理・補修)は、自動車、スクーター、その他までお任せ下さい!

カスタムショップタローズDFT・カスタムペイント|カスタム加工|塗装|ビックスクーター|メッキ加工|エアロ加工|エアサス取り付け|オーディオインストール|大口径アルミホイール|スピンナーホイール販売|シートカバー取り付け販売まで、横浜のドレスアップ・カスタムショップです
カスタムショップタローズ代表取締役社長 成瀬太朗 カスタムペイント、ワンオフ加工、FRP製作加工、鉄板溶接加工、スワップ、メッキ加工、内装カスタム、エアロ塗装、エアサス取り付け、大口径アルミ、スピンナーホイール、スクーターパーツ販売まで、ドレスアップ&カスタム専門ファクトリーです。

TEL/FAX 045-584-0549   (通常受け付け時間 PM14:00〜AM22:00)
e-mail  ***@taros-dft.com  (業務多忙の為、お問合せはメールでお願い致します)

中古車販売/修理/板金/塗装|エアロパーツ製作/販売/塗装/取付け|チューニング・ドレスアップパーツ販売/取付け|各種イベント・レース参加|まで、プチドレスアップからフルカスタム・ショーカー製作までドレスアップカスタムを応援します。

〜車検、公認車検、構造変更届〜

●○●車検、公認車検、構造変更届●○●

ユーザー代行車検始めました!代行車検、公認車検を随時承っております。


「ユーザー代行車検」をはじめ、エアロを取付けた為の全長、全幅の変更、エアサスなど取付けた為の「構造変更手続き」、住所変更届けなどの各種「登録内容の変更届」、強度申請書など必要になるような「公認車検」まで受け付けております。
「車検までも面倒見て頂き本当にありがたいです!」と、皆様に大変御満足頂いております。

弊社での車検の、お見積もり、ご相談は、「メールフォーム」よりお気軽にご相談下さい。

●○●法定2年点検/24ケ月点検●○●

※車検は自分でしても、どこで受けても同じではありません。
車検(継続検査)とは何のために受けるのか?

車を陸運局、または陸運支局(自動車検査登録事務所)や民間車検場に持って行き、「この車は公道を走行しても差し支えありません!!」と、国から許可をもらう事です。

一定期間(車の使用用途によって異なります)ごとに、お車が検査を受ける時点での、安全面や公害防止面等が、保安基準に対しての良否判定する検査の事を一般に車検と呼ばれてます。(道路運送車輌法第3章=道路運送車輌法の保安基準で良否の検査を行う)

車検は、車が道路を走行する上で、最低限の基準を満たしているかどうか国が検査をするものです。

ユーザーのお車の故障や支障、安全性を保障、確認、点検したりするものではありません。



つまり、車検を合格したからと言って、整備の必要が全く無い訳でも、不具合な箇所が全く無い、と言う訳ではありません。

上記の様に、陸運局または陸運支局での検査(車検)では「公道を走行しても構いません」と、許可を出すと言う意味合いが強く、車の安全性については詳しくは検査を行いません。

その為 国では【車検の前または終了後に、車を"使用者が自ら"点検しなければならない】と言う法律が定められています。
車検(2年)ごとに行わなければならないので、法定2年点検もしくは24ケ月点検と言われています。

●○●ユーザー車検・代行車検・ディーラー車検の違いとは?●○●

ユーザー車検とは?
車検を少しでも安く済ませる為 自分で24ケ月点検、継続書類手続きなどを行い、陸運局または陸運支局に、自分で車を持ち込んで車検を受ける事が「ユーザー車検」です。

24ケ月点検を行う前に車検を受ける事も可能ですが、この場合は車検後24ケ月点検を行わないからと言って、特に罰則はありません!いずれにしても、何か不具合などが起こた場合、自己責任と言うことになります。

代行車検とは?
代行業者によって、お客様の車輌を、直接検査場に持ち込み検査を受ける事をいいます。

代行業者は、一切の点検・分解整備は行いません。
その為そのまま検査に持ち込み、合格すれば車検は終わりです。
これは、24ケ月点検・整備等はユーザーに任せ、車検(陸運局または陸運支局での検査)及び、継続書類手続きのみを、お客様の代わりに引受けてくれるものです。

24ケ月点検や、分解整備を整備事業者が行なわない為、その分安く済みますが、検査合格後の車の安全管理は、全て自己責任になります。
又法令で、24ケ月定期点検を義務付けられていますので、車検の後に24ケ月点検を行わなければなりません。
(※24ケ月点検をしなくても罰則はありません)

ディーラー車検とは?
国の認証、指定を得ているディーラーの車検も、認証整備工場の車検も、必ず法定24ケ月点検を行います。
ここがユーザー車検や、代行車検とは違うところです。

認証工場で車検を行っても、24ケ月点検を行いますので、ディーラー車検と同じです。
ディーラー車検の費用が高いと感じられるのは、定期交換部品が有りますので、作業工賃や部品代も、一般の認証整備工場に比べると割高になる為です。

●○●最近話題の「自動車リサイクル法」とは?●○●

ゴミを減らし、資源を無駄にしない、「リサイクル型社会」を作るために、自動車メーカー・輸入業者・関連事業者・クルマの所有者が、それぞれの役割を定めてクルマのリサイクルを勧めていく法律です。

車の所有者の役割は、所有しているクルマを、リサイクルする時の為に、リサイクル料金のお支払いをお願い致します。
※原則として、全ての4輪自動車が対象になります。(トラック・バス等大型車・商用車も含まれます)

トヨタ自動車株式会社日産自動車株式会社本田技研工業株式会社マツダ株式会社
富士重工業株式会社スズキ株式会社ダイハツ工業株式会社三菱自動車工業株式会社

●○●法定費用●○●


軽自動車(4,5ナンバー),乗用車(3,5,7ナンバー)※重量税は車検証に基づく車輌重量
軽自動車
(4、5ナンバー)
乗用車(3、5、7ナンバー)
車両重量 - 500〜1000kg 〜1500kg 〜2000kg 〜2500kg



自賠責保険料
24ヶ月(25ヶ月)
\22,540円
(23,240円)
\27,630円(28,530円)
重量税 \8,800円 \25,200円 \37,800円 \50,400円 \63,000円
印紙代 \1,400円 \1,400円(3ナンバーは\1,500円)
法定費用合計 \32,740円 \54,230円 \66,830円 \79,430円 \92,030円

車検切れ・中古新規の場合は、臨時ナンバーが必要になります⇒¥2,700円

●○●車検を受ける時に、必要なもの●○●

●書類関係
1.車検証(自動車検査証)
現在の車検証です。なくされた場合は、再発行の手続きが必要となります。

2.納税証明書(自動車税納税証明書)
自動車税をきちんと納付していることを証明するものです。
自動車税納付書に、押印されたものが証明書となります。
なくされた場合は、都道府県の役所で、再発行の手続きが必要となります。

3.自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証明書)
法律によって定められた、強制保険に加入していることを証明するための書類です。
自賠責保険に加入していない車は、一般道路を走行することができません。
車検を受ける際は、車検の有効期間(2年間)をカバーする自賠責保険に入っていなければなりません。

●費用
タローズでは、お車をお預かりする際に、「法定費用」をあらかじめご用意頂く事になります。
「整備費用※1」については、納車時にご請求させていただきます。

※1 お客様と現在の車輌状態をお聞きしご相談の上、ご依頼頂いた不具合箇所のみ整備・点検・交換作業を行ないます。
それ以外の費用を、後ほどお客様に請求することはございませんので、安心してご依頼下さい!

また、下記にはいろんなサービス、整備内容、車検費用からたくさんの選択肢の中から、お客様にピッタリの車検、お店が見つかる下記を紹介しておりますので、ぜひご利用下さい。

カスタムショップタローズDFT・カスタムペイント|カスタム加工|塗装|ビックスクーター|メッキ加工|エアロ加工|エアサス取り付け|オーディオインストール|大口径アルミホイール|スピンナーホイール販売|シートカバー取り付け販売まで、横浜のドレスアップ・カスタムショップです
HOMEPaint PriceCustom PriceDFT Online ShopCompanyE-mailmobileLink
custom shop Taro's / DFT
〒230-0071 神奈川県横浜市鶴見区駒岡5-22-30
TEL・FAX:045-584-0549 E-mail:***@taros-dft.com

こちらも、お客様の立場に立った、より良いサービスを紹介されていますので、当社一押しのインターネットサービスです!

◆◆◆日本最大級の車検一括見積もりサービス。車検も比べて選べて予約出来る時代です!!


車、バイクの専門書籍販売店!カー雑誌&バイク雑誌、DVD、カタログまでも揃う便利な本屋さん!